L酒井豊明
第55代会長
L.酒井 豊明

伊那ライオンズクラブ会長スローガン

 この度第55代会長を務めさせて頂く事になりました。素晴らしい諸先輩の皆様方の輝かしい功績と実り多い奉仕活動を鑑みましても、浅学非才な私にはこの大役が務まるか不安と共に本当に身の引き締まる思いでございます。
 今世の中は将来の不安と猜疑に満ちています。世界の警察と自負していた国では独善的なリーダーが誕生し、地球温暖化会議を離脱し、議会政治発祥の国といわれたヨーロッパの国ではEUの脱退、各々国民の過半数が支持しているのです。又、先進国による植民地政策のツケがテロ行為として世界中を覆っています。東洋の大国でも国際法を無視して海洋拡大政策を行い、その隣の国では核の問題等、無法に近い国家政策を行っています。今こそ人間という生物の真価が試されている時と感じます。
 現存の世の中は、格差社会と言われて貧富の格差が広がっています。本年1月に、国際NGO「オックスファム」が「世界人口のうち所得の低い半分に相当する36億人の資産額と、世界で最裕福な富豪8人の資産額が同じ」とする報告書を発表し、格差が「社会を分断する脅威」となるレベルまで拡大していると警鐘を鳴らしました。貧しい人々を苦しめているのは、金融の問題だけでなく、過去数年間、世界各地で増え続けている洪水、干ばつ、砂漠化、地震等の自然災害もまた、発展途上国での貧困を広げる原因となっています。
 世界には1日に1ドル未満で生活している人が12億人以上、つまり6人に1人いると言われています。食事も充分にとれず、子供達は学校にも行けずに働いて僅かなお金を稼ぎ、もし病気になってもお金がないため病院にも行けない。体を壊して働けなくなると、もっと貧乏になってしまう。いくら頑張ってもそういう状態からは抜け出せないで貧困の連鎖が起こります。このような人達が地球上に大勢いるのが現実です。我々ライオンズメンバーは一人の僅かな献金でも、皆で力を合わせれば多くの人を助ける事が出来ます。
 国内に眼を転じても、老後の不安、少子化対策を重点政策に挙げながら、待機児童の増加、生活格差の広がり等様々な問題が横たわっています。地域の中で、友人、知人を通じ奉仕の精神で、ステータス(品位)とプライド(誇り)を持ち、これからもウィ・サーブの精神で更に奉仕活動に邁進することが我々の責務と感ずる次第です。素晴らしい五役、役員に恵まれ、友愛に満ちたメンバーに恵まれ、幸せを感じます。今年一年よろしくお願いします。

I believe in all of here.
(私はここにいる皆さんを信じています。)

L.酒井 豊明 L.北原 房雄 L.中村 威彦 L.牧田 和弘 L.田中 徹
会長
L.酒井 豊明
幹事
L.北原 房雄
会計
L.中村 威彦
ライオン・テーマー
L.牧田 和弘
テール・ツイスター
L.田中 徹

ライオンズクラブ国際協会 334-E地区 1R 2Z 伊那ライオンズクラブ
〒396-0015 長野県伊那市中央4605-8 伊那商工会館3F TEL. 0265-72-6010 FAX. 0265-73-8454
© Ina Lions Club