2010年8月1日(はれ)

毎日暑くて、家の中でグッタリ。今までクーラーいらずの夏だったのに、
今年は変な暑さです。陽射しがきついので(ここは標高800m)、
畑を手入れする気力もなく、ダレル日々です。
今日、3月に仕込んだ手前味噌の壷を思い切って開けました。
初めての味噌づくり。続く暑さにいろんなカビが生えてるんじゃないかと
ビクビクでしたが、あら、スッキリ。多少の白カビはありますが、いい感じ。
そして、たちのぼるいい香り。表現できない高貴な匂いにうっとり。
その匂いはなかなか手から離れず、たまにクンクン、うっとり。
夜はお味噌汁で堪能。スッと身体に入る、やさしい味でした。

2010年6月18日(金) あめ

天気予報は今日からずーと あめ。
今年は作物の準備が遅れたので、植えたのはじゃがいもと枝豆だけ。
昨日はじゃがいもに肥料をあげて、土寄せ(大きくなるじゃがいもが
おひさまにあたらない様に土を盛ること)をしました。
終わって帰ろうとしたとき、偶然ご近所さんが通りかかり、「もっと、土を
もらなきゃ」とバッサ、バッサ、あっという間に高く盛ってくれました。
なんだか、じゃがいもが気持ちよさそう・・・。にしても、時間をかけた私の
手間は・・・。ガックリしてると、「まあ、楽しみながらやるのがいいよ」と
声をかけてくれました。毎回、畑をやっていると、いろんな人がこんなふうに
素人畑を見かねて、助けてくれます。ありがたい、ありがたい。

2010年10月21日(木) あめ

ひんやりと風が冷たくなって、山の紅葉が始まりました。
山はいま、きのこが最盛期。今年は豊作です。
老人会には、朝どりの5種類のきのこ料理がズラリと並びました。
松茸のすまし汁、野菜たっぷりきのこ鍋、くるみあえにおひたし、
秋のフルーツ(ぶどう、りんご、柿、梨)、漬物にお菓子、おはぎと盛りだくさん!
季節の恵みを頂く幸せ。皆さんの長生きの秘訣を垣間見ました。

2010年9月7日(火) はれ

ご近所さんからりんごとプルーンをいただきました。
少し陽射しが和らいで、秋の匂いが近づいてきました。

2010年4月4日(日)はれ

4月に入って、ようやく冬ごもりモードから外へ出てきました。
きのうからカエルが鳴き始めました。
きょうはウグイスの声、そしてツバメもやってきました。
山では木を切るチェンソーの音が響きわたっています。
いきなりの春の大合唱にちょっととまどっています。
桜も開花し始めました。一週間で山はさくら色に染まります。
私のこころと身体は春じたくをはじめたばかりです。

今年の収穫はじゃがいも約90個、
枝豆初物15さや(あとは動物のくちのなか))
もも8個(2個は食べごろ、動物のくちのなか)
ももは春に夫がホームセンターでちいさな苗木を購入して、植えただけ。
まさか実がなるとは思っていなかったので、よろこびもひとしお。その甘さに感動。
動物もさぞおいしかったことでしょう。きれいに種だけ残してありました。
朝はモズのけたたましい声で起こされます。夜の虫の音もおおきくなってきました。
夏は暑かったけど・・・季節の流れにちょっぴりさみしさ感じる今日このごろです。

てのひら日誌  〜南信州の山里から〜

2011年1月2日(はれ)

年明けの少し前、集落の小さな神社にお参りに行きました。
真っ暗な田んぼの雪道は怖かったけど、星の輝きのなんて美しいこと。
そして、あちこちから響く除夜の鐘の音が心に染みました。
鳥居から消防団の方たちが懐中電灯で道を照らしてくれています。
社への石垣の階段にはたくさんの地元の人。(といっても100人くらいかな)
突然、ラッパの音が鳴り響きました。あけましておめでとうございます!
あちこちで、飛び交う賑やかな声と白い息。 お参りをして、みかんを
ひとつとお神酒をひとくち頂きます。質素だけどあったかい二年参りでした。

トップページ