歯が抜けたらどうなる?

歯は全部で28本。(親不知を入れると32本)

1本くらい抜けたってどうってことない。それは大きな間違い。

 歯並びにバランス
  歯は顎にアーチ状に並んでいます。
  お互いに手をつないで、バランスを取っています。
  また噛み合わせたとき、全ての歯が均等に当たるようになっています

1本歯が抜けるのは、1本指を失うより、医学的に障害が生じます。

   歯が抜けたら 審美的に悪い。
              そこでは良くかめない。
              発音が上手く出来ない。

      ここまでは分かります。

 他に何があるだろうか?

  残っている歯が動く
    歯は、硬い骨に埋まっているが、同じ場所に収まっているのは
    他の歯とのバランスです。
     もし歯が1本抜けますと、その両隣の歯がその隙間を埋めるように
     移動していきます。
    それは平行移動でなく、杭が倒れるように傾いていくのです
    そして、両隣の歯がくっつくことも珍しくありません。

    同時にそのお隣の歯も次々に倒れていきます。
    これは歯並びを狂わせ、全体のかみ合わせが
悪くなります


  図は、抜けたために歯並びが狂った状態。下が入れ歯を入れて移動を防いだ状態。

     

     


  もう1つ
   
歯は上下かみ合わせるのでその位置に安定しています。
    下の歯が抜けますと、それとかみ合っていた上の歯が、
    相手も求めて伸びていきます。
    時には肉とかみ合わさるまで長くなります。
    この結果上の歯並びまでが狂います。
    またかむたびに肉をかみ、そこが潰瘍になり、最悪「がん」に!

  全身に悪影響
   
上手くかめない、片側だけでかんでいる。
    これが脊椎や脳に悪影響を及ぼし

   
歳を取るに従い、原因不明の病で悩むこともあります。

正しくかんでいる方は、呆けない、病気をしても快復力が早い。
これは医学的にも統計的にも証明されています。

次へ

歯の豆知識でした。
           あららぎ歯科医院